短小ペニスに悩んだ1年前!ビリリティピルズで増大成功

短小に悩む男性

短小とは、包茎とは異なりミクロペニスと呼ばれる症状があり、先天的に起こる発育不全の病気となり幼少期では陰茎の先端から根元までの長さが2.5センチ以下となり、思春期に入っても4センチ以下と非常に小さく成人を超えればセックスに支障が出る事もあり本人あるいは親にとっても悩みとなり、からかわれたりする事で心に劣等感を抱える様にもなり成人以降で過去の事が心の傷として残る際には、女性に陰茎を見られる事に抵抗あるいは恥ずかしいといった感情が生まれてしまい精神に起因するEDとなる事もあります。
若年性のEDは増加傾向にあり、短小の幼児は250人に1人いるとも言われているのでホルモンの分泌量が低い事などが原因とされEDにも内分泌系に起因して発症する事もあるので適切な治療を受ける事が重要になります。
原因は複数あり明確な事がはっきりとは分からない分野でもあり、陰茎が小さい事は多くの男性の方の悩みとなりセックスに影響を及ぼし誰にでも楽しむ事の出来るはずのものを遠ざける様になります。
治療には、ホルモンの一種であるテストステロンを筋肉に直接注射するテストラゲン療法を取り入れる事により有効性を示すと言われており、少ないホルモンを補う事で、正常とされる大きさまでに発達させる事が出来ますが、万人に効果がある分けではなく個人差がある為、何かの病気に起因するのであればそれを明確にしなければ治療の結果を大きく左右してしまいます。
また得られるのは利益のみではなく、副作用としてホルモン剤の投与は骨の成熟を促してしまうので体の成長を止めてしまうので体の小さな幼児である際には、慎重に検討し治療を進めなければなりません。
小児科または泌尿器科などに受診する事で専門医の意見も参考にし、治療方針を検討してみて下さい。
成人以降であれば他の治療方法も存在するので、自信を持ってセックスが出来る為にも、積極的に治療を受ける様にして下さい。